人気ランキングTOP3

借入の履歴

これまでに多重債務などの状態になり、
自己破産、個人民事再生、任意整理などの法的整理で解決した経験があると、
これは金融事故を起こしたことになります。

また、ローンの返済が滞り、
貸付をした貸金業者や金融機関が最終的に返済不能と判断して
強制的にローン契約を解除したというケースも
当初の契約内容が履行されなかったとして金融事故の扱いになります。

金融事故を起こすと信用情報機関に履歴として残されます。
履歴が残る期間は金融事故の内容によってそれぞれ定められています。
金融事故が履歴として信用情報機関に残っている間は
新たにローンの申込みをしても信用情報機関に個人情報を照会されて、
金融事故の履歴がローン会社に流れます。
新たなローン契約ができない、
クレジットカードが発行されない、
などのペナルティが課せられることになります。

申し込み時点での他社借入件数も審査結果に影響します。
借入件数が多いとなぜいけないのでしょう。
これまでいつも、
返済能力が低い、信用度が低い、と判断されて利用限度額が低く設定されてしまうため、
複数の借入をして必要な金額を調達している
と解釈されるリスクがあるのです。
他社借入件数は少しでも減らしてから新規のローン申込みをしましょう。

目的で探すカードローン

  • 審査通過重視
  • 銀行ローン
  • 低金利
  • 消費者金融系
  • 乗り換えローン
  • 即日ローン
  • 無担保ローン