人気ランキングTOP3

総量規制

多重債務の原因のひとつである過剰融資を防止するため、
新しい貸金業法では総量規制によって融資を制限するよう定められています。

貸金業法は貸金業者が行う貸付を対象としたルールで、
総量規制は個人への貸付の際に適用されます。
ただし、借入金の使途が事業性資金の場合は
個人であっても総量規制の対象にはなりません。

総量規制の原則は、個人の借入総額は年収等収入の3分の1までと制限されていることです。
借入総額とは、新たな借り入れ分に他の貸金業者から借り入れている金額を合算したものです。
もし新規借り入れ分を合算して年収の3分の1を超える場合は申し込むことができません。

計画的に返済すれば無理なく完済できる上限額の目安が「年収の3分の1まで」とされているのです。
年収などの収入を基準にして借入の上限が決まってくるので、
基準となる年収のない人が借入をしようとしても原則として融資の申込みはできません。

目的で探すカードローン

  • 審査通過重視
  • 銀行ローン
  • 低金利
  • 消費者金融系
  • おまとめローン
  • 即日ローン
  • 総量規制対象外
  • 無担保ローン