人気ランキングTOP3

総量規制の除外・例外

総量規制には除外や例外の規定が設けられています。

「除外」の場合はその借入額は借入総額に加算されません。

除外の一例として不動産担保貸付けがあります。
不動産を担保に貸付を受けた金額は
総量規制の対象となる借入総額に含めないということです。

総量規制の「例外」とされる借入の場合は借入総額に算入しなくてはなりませんが、
返済能力があると認められれば年収の3分の1を超えてしまっても借入をすることができます。
たとえば、緊急に医療費が必要となり借入を申し込むとします。
その時点ですでに年収の3分の1にあたる借入残高があっても
返済能力があると認められれば
総量規制の枠を超えて借入をすることができます。

専業主婦で収入がゼロなら「年収の3分の1」はゼロということになるので
総量規制の規定に従えば借入できる金額は0円となり、借入をすることはできません。
しかし、総量規制の例外として、
配偶者に継続して安定した収入が見込めると証明されれば
借入の申込みをすることができます。

目的で探すカードローン

  • 審査通過重視
  • 銀行ローン
  • 低金利
  • 消費者金融系
  • おまとめローン
  • 即日ローン
  • 総量規制対象外
  • 無担保ローン