人気ランキングTOP3

金利の規制

改正貸金業法では金利の規制についても定められています。

貸金業者が貸付を行う際に適用する金利を取り締まる法律は、
出資法と利息制限法のふたつです。

改正前の貸金業法のもとでは
グレーゾーン金利という高金利での融資が広く行われていました。
利息制限法で定める上限金利から出資法で定める上限金利までの範囲の金利を指して
グレーゾーン金利という言葉が使われます。

以前の貸金業法では、
グレーゾーン金利を課した高金利融資が
「みなし弁済」制度によって認められていました。
当時出資法での上限金利は29.2%だったので、かなりの高金利です。
これは多重債務を生み出す大きな原因のひとつと考えられてきました。

改正貸金業法では「みなし弁済」制度、グレーゾーン金利が廃止され、
出資法の上限金利は20%に引き下げられています。

改正前にグレーゾーン金利の適用された借入をしていた場合、
違法な金利分については支払い義務がないため
すでに支払った利息から過払い金として払い戻すことができます。
自治体や法律事務所で相談できますので、
心当たりがあれば一度これまでの借入分をチェックしてみましょう。

目的で探すカードローン

  • 審査通過重視
  • 銀行ローン
  • 低金利
  • 消費者金融系
  • おまとめローン
  • 即日ローン
  • 総量規制対象外
  • 無担保ローン